SL-13Xモレキュラーシーブ高効率、省エネ、長寿命

SL-13Xモレキュラーシーブ高効率、省エネ、長寿命

商品紹介
SL-13Xモレキュラーシーブはアルカリ金属アルミノシリケートである。 ナトリウム塩の形の3Xモレキュラーシーブは、10オングストロームの有効孔径を有し、吸着性がほとんどない
10オングストローム未満の分子は、触媒担体、水および二酸化炭素の共吸着に使用でき、主に医薬品および空気圧縮システムの乾燥に使用される。

アプリケーション
炭化水素と天然ガスから硫化水素とメルカプタンを除去する
空気(空気予備浄化)やその他のガスから二酸化炭素や水分を除去する
空気から酸素を分離し、触媒を保護し、炭化水素から酸化物を除去する
告知
1.温度と圧力の変化によって再生することができます
2 使用前にモレキュラーシーブを直接空気にさらさないでください

見積もりを取得する
顔立ち

シャンリを選ぶ理由

企業文化

ShanLiは「人間指向、知識人」を最も重視し、調和のとれた職場環境と生活環境を大切にし、私たちが団結するだけで、ShanLiはより爆発的な力と競争力を持つでしょう。 ShanLiの取締役とスタッフは、内部管理、標準化された工場生産オフィス施設、従業員の行動規範に厳格な、正直な態度を保ち、全体的な品質と安定性を向上させ、経済成長に焦点を当て、利益成長と規模の成長を同時に達成し、 企業を永遠に発展させ、永遠に運営するように。

シャンリについて

お客様のビジネスに最適なソリューションを提供

長興Shanli化学材料 Co.Ltd は、国際的なハイエンドの専門的な研究と製造で有名な国際的な近代的で外向きの包括的なハイテク企業ですカーボンモレキュラーシーブプロダクツ。

続きを読む

モレキュラーシーブ再生

モレキュラーシーブ再生の基本的な方法:
1.温度を変える、つまり「温度を変える」。 モレキュラーシーブを加熱して吸着物質を除去する。 工業的には、一般に予熱された再生ガスで加熱され、モレキュラーシーブを約200にパージし、脱離した吸着物を取り除きます。
2.相対圧力、つまり「可変圧力」を変更します。 一般に気相吸着プロセスで使用される。 基本的な方法は、吸着剤の温度を一定に保ち、減圧して不活性ガスで吹き戻すことで吸着物を除去することです。

ユーザーレビュー

ユーザーがシャンリについて言うこと

長興は私が今まで選んだ中で最も効率的な顧客の1つであり、サービスに対する高い熱意を持っています

アンジェリーナ

長興のカーボンモレキュラーシーブは独自の研究開発技術を受けており、その窒素生産効果は他の同業他社よりも優れています。

ブライアン

彼らは私が注文をした後、彼らはすべてを手配するので、私は長興に協力することを選択します、私は商品の受領を待つ必要があります。

フランク

長興は、分子炭素モデルの完全な範囲を持っており、その製品は非常に良い、私たちの工場の生産効率をスピードアップする非常に高品質です!

ケビン
よく寄せられる質問

何か質問がありますか?

今回開発したモレキュラーシーブは、既存技術に改良を加え、製品特性を大幅に向上させました。

モレキュラーシーブスの順序を確認後、こちらで梱包を手配し、できるだけ早く発送いたします。

当社のモレキュラーシーブは、一度に最大99.9999999%までの最新のPSA法によって調製され、生産をより経済的にします。

高品質のモレキュラーシーブを選択することで、生産効率を向上させ、企業コストを削減し、より高品質の製品を生産できます。

当社のモレキュラーシーブは、継続的な革新によって製造され、プロのサプライヤーです。 住所はLvzhou工業区、Sian Town Changxing、浙江省、中国にあります。

モレキュラーシーブを使用する過程で問題が発生した場合は、公式ウェブサイトでカスタマーサービスに連絡することができます。 24時間対応のサービスはオンラインです。

更新プログラムとブログ投稿

分子ふるい|液体精製に対するUopモレキュラーシーブの効果

{キーワード}|uopモレキュラーシーブはアルカリ金属アルミノシリケートの一種で、水、NH3、H2S、二酸化硫黄、二酸化炭素を吸着することができます。

分子ふるい|uopモレキュラーシーブの特徴は何ですか?

{キーワード}|Uopモレキュラーシーブ吸着剤は、主に空気分離装置、天然ガス脱水、アルカンの循環精製に使用されます。

分子ふるい|カーボンモレキュラーシーブ吸脱着プロセス

{キーワード}|カーボンモレキュラーシーブの主成分は元素状炭素であり、外観は濃い灰色の円筒状の固体である。

コンタット・アズ

何か質問がありますか?お気軽にお問い合わせください

メッセージを送信します。 お待ちください。。。