カーボンモレキュラーシーブとは

Date: 2019-09-20 15:25:43

活性アルミナ触媒は、1970年代に開発された新しいタイプの吸着剤です。空気富化窒素の分離に使用される優れた非極性炭素材料です。それは、従来の深冷よりも高い常温および低圧窒素製造プロセスを採用しています。圧縮窒素プロセスには、投資コストが低く、窒素生産速度が速く、窒素コストが低いという利点があります。

エンジニアリング分野で好ましい圧力スイング吸着空気分離窒素リッチ吸着剤です。化学産業、石油およびガス産業、エレクトロニクス産業、食品産業、石炭産業、製薬産業、ケーブル産業、金属熱処理、輸送および貯蔵で広く使用されています。

カーボンモレキュラーシーブの内部には多数のミクロポアが含まれており、これにより小さな動的寸法の分子が急速にポアに拡散し、大きな直径の分子の進入が制限されます。カーボンモレキュラーシーブは、ふるい分けの特性を利用して、酸素と窒素を分離する目的を達成します。モレキュラーシーブが不純物ガスを吸着すると、マクロポアとメソポアはチャネルとしてのみ機能し、吸着された分子はミクロポアとサブミクロポアに輸送され、ミクロポアとサブミクロポアが実際に吸着する体積になります。

サイズの異なるガス分子の相対拡散速度の違いにより、ガス混合物の成分を効果的に分離できます。したがって、カーボンモレキュラーシーブの製造では、モレキュラーシーブのサイズに応じて、カーボンモレキュラーシーブ内部の細孔分布は0.28〜0.38nmでなければなりません。細孔サイズの範囲内では、酸素は微孔性オリフィスを介して細孔内に素早く拡散できますが、窒素ガスは酸素と窒素の分離を達成するために微孔性オリフィスを通過するのが困難です。
Contact Us