製品プレゼンテーション

SLDO-1、脱酸触媒、SLDO-1の酸化脱酸触媒

SLDO-1の脱酸触媒

使用条件や技術的パラメータ:

。1触媒反応装置の高さ - 直径比:≥3;

2温度:室温(より良いウォーミングアップ);

3空間速度:(5000〜10000)HR-1;

図4空気の酸素含有量:≤2%;

。≤の0.5ppmで:5ガスの残留酸素含有量を精製した。
Send Inquiry
触媒は、主として酸素を除去するために水素を用いる活性アルミナ処理された脱酸素化触媒上に貴金属負荷であるが、窒素、一酸化炭素、二酸化炭素、アルゴン及び他の不活性ガスの水素酸素、室温で開始することができる。

使用条件や技術的パラメータ:

。1触媒反応装置の高さ - 直径比:≥3; 
2温度:室温(より良いウォーミングアップ); 
3空間速度:(5000〜10000)HR-1; 
図4空気の酸素含有量:≤2%; 
5精製ガスの残留酸素含有量:≤は0.5ppm; 
6粒径Ф2〜3mmのかФ3〜4mmの; 
7バルク密度:0.7±0.1g/ml; 
8機械的強度:≥70N/grain; 
9寿命:≥3年。

使用法および考慮事項:

図1の触媒は、クリーン排気に窒素を使用してシステムにインストールされ、反応器内に均等に追加されます。 
図2精製すべき気体へのアクセスは、実用化することができ; 
触媒の脱酸効果が減退や水没、故障したら3、一定時間後に使用し、約200℃の再生に加熱することができる。 
4使用温度が450℃を超えることはできません。 
5。触媒被毒障害が発生した場合に、塩化物、硫化物等との接触を避けるべきである。 
Contact Us